必要なとき柔軟に資金調達できる金融機関

例えば、現金預金については回収不能などのリスクはありませんし、短期借入金についてはリファイナンスによって資金返済が実質的に先延ばしにできるケースが少なくなく、その場合には短期的な支払債務として認識すべきではありません。

運転資金とは、生産・販売を行う上での投下資本額です。運転資金をその企業がどのように算定しているかを把握する事で、企業実態を捉える事ができます。未払日数(DPO)を延長するためにサプライヤーへの支払を遅らせるという圧力が高まる中、ダイナミック・ディスカウンティングを使用するサプライヤーは、自身の資金コストを抑えながら、割引または融資手数料と引き換えに早期支払を受けることができます。

サプライチェーン・ファイナンスとダイナミック・ディスカウンティングのいずれのプログラムを使用している場合でも、運転資金管理を成功させるためには適切なソリューションを採用することが非常に重要です。

実際にはこれほど単純ではありませんが、運転資金はこのようにキャッシュフローのズレを解決するための資金です。事業が好調であれば、仕入れる在庫の量も増えるため、より多くの運転資金を手元に用意しておく必要が出てきます。一方で「いつ入金があるか」が、ある程度はっきりしていないと銀行等から運転資金として融資を受けるのは難しい、という面があります。

法人・個人事業主の方の、資金繰りのお悩みを最適なご提案で解決!ご融資例も多数ございますので、是非お問い合わせください。

運転資金が圧迫する原因と融資を受けるコツ