実は木には意思がある

切らないで。
森林組合で聞いた話。
山で木を育てる過程で木を間引くことを干ばつと言う。
干ばつの対象となるのは発育や形質が悪かったりあるいは良い木の邪魔になるようなもので大抵の場合山主か山盛りが決める。
干ばつの前に山をめぐり一本一本の形質や枝張りなどを見て間引く木を見極めマーキングしていく。
丸山主が自分の山に入り間引く木にビニール紐を巻きつけた。
翌日作業員と共にマーキングした木を確認しに現場へ行くと寄り添うように立っている日本の木が目に付いたともに発育も形状も良く伐採するには惜しい木ではあったがこのように接近している場合はどちらかを切らなければならない。しかし、サラフェプラス 販売店はどれだけ安く購入できるかを調査していて、ところがその2本の木にはどちらにもマーキングがなかったさては紐を巻き忘れたのかと思い近づいてみると日本の家太い方の木の根元にブチ切れたビニール紐が落ちている紐を拾い上げて木に巻き付けてみると明らかに長さが足りない後いつ来られるのが嫌だからって一晩で太りやがったんだな結局その気は山梨からデビルマンと名付けられ今に至るまで大切にされているそうだ。